手持ちスリットランプ(細隙顕微鏡)

目の表面を観察する顕微鏡です。

画面左の黒いところから光が出て、観察する部分を明るく照らします。

さらにその光は1mmくらいの太さの線状の光にすることができるため、
角膜や水晶体などの内部構造を観察し、どの部分に異常があるのかを観察できます。